ニキビ跡 治す薬※実際ためしてよかったのはこれ!

ニキビ跡を治す薬としては、自分が一体どのようなニキビ跡を持っているかによって、その対策として活用していく薬も違ってまいりますので、注意が必要かと思われます。

自分がどのようなニキビ跡なのか、そしてそれにあったニキビ跡を治す薬にはどのような成分が必要なのか探っていくいきましょう。

 

仮に、色素沈着の場合でしたら、トレチノイン及びハイドロキノンの併用の治療によってニキビ跡を治す薬として活用することが有効となります。
ハイドロキノンにより、メラニン生成を抑制しまして、トレチノインがもたらすようなターンオーバーの効果により、皮膚内に蓄積されているメラニンについての排出することが可能となりますから、それにより高い美白効果が最終的に得られるようになります。
これらの薬といったものは、実際には医師によっての処方が必要となりますから、治療を希望するような場合でしたら外用薬治療を行うような美容皮膚科にて実際に相談してみることをお勧めいたします。

 

それから凹凸及びクレーターに対しての塗り薬としましては、ケロコート等が挙げられると思われます。
ジェル状のシリコンについて、肌に塗るといったことで傷跡をケアしていくような圧迫療法については、時間は掛かるのですが、傷跡のケアといったものには有効とされております。
有効成分を皮膚へと浸透させるといったことではなくて、皮膚表面についてカバーするような事が目的の薬となっております。
凸型のシコリ及び傷跡の凹凸について徐々に平らにするような治療法になってきますので、アイスピックタイプと呼ばれている、深くへこんでしまったようなニキビ跡に対しての効果は最終的には薄くなってくといった内実を理解しておく必要があります。