ニキビ跡 治す薬※実際ためしてよかったのはこれ!

ニキビ跡を治したい場合に、その症状が非常にひどいと思われるような場合でしたら、それは病院や医師に相談するようにしましょう。

きちんと病院さえ行けば、特効薬といったものが処方してもらうことができます。

 

実は日本でもニキビの特効薬というものが存在しておりまして、病院等で、実際にはニキビ跡を治す薬として処方箋をもらうことが可能になってきます。

 

日本で、2008年に既に海外においては10年以上前より使われておりましたディフェリンゲルといった一般名ではアダパレンという特効薬の使用が認可さておりまして、今では保険も適用されております。

 

ただし、ディフェリンゲルについては、特効薬としての効き目はあるものの、副作用につ多く報告されています。

 

たとえばディフェリンゲルを使いだした人のなんと8割は乾燥、皮膚のカサカサの他に赤み、ヒリヒリ感やかゆみ等が2週間以内で発症しているということが判明しております。

 

このような副作用については毎日の薬の使用量について調節するようにしましたり、普段のスキンケアにてしっかりと保湿してあげるといったことで軽減されていくことが多いです。

 

その他の特効薬については、2015年4月より新薬としてベピオゲルといったものも保険適用になっております。

 

ニキビやニキビ跡を消すようにするためには、日常のスキンケアについて正しく行って、まず肌のターオーバーについて促進してあげるということが予防や悪化防止にもなって効果が上がるのです。