ニキビ跡 治す薬※実際ためしてよかったのはこれ!

ニキビ跡を治す薬として飲み薬の存在も忘れてはいけません。

 

ニキビ跡の治療の場合、それを治す薬として、アクネ菌を殺菌するような目的ということで、ミノマイシンやルリッド等の抗生物質についてが処方されることになります。
これらの薬でしたら、消炎作用及び殺菌作用が存在するので、ニキビ及びニキビ跡についての赤みに対して同時治療したいといった場合に効果があります。

 

色素沈着でしたら、トラネキサム酸がニキビ跡を治す薬としてその改善策が見込まれます。
トランサミンでしたら、本来アレルギー及び炎症を抑制するといった薬になりますが、メラニン生成抑制作用もございます故、肝斑といった色素沈着治療でも使われております。

 

凹凸やクレーターについての改善策としまして、現時点では報告されておりません。
ピーリングやレーザーの施術が有効ですから、クリニックでにてこれは治療を検討してください。

 

なおニキビ跡を治す薬として飲み薬の注意点があります。

 

いずれの薬であっても、それはあくまで肌の回復を手助けにすぎません。
薬があるから大丈夫だと頼ってしまわないで、栄養バランスのある食生活及び十分な睡眠、そしてストレス解消について心掛けるようにして、健康な肌を作る環境をまず整えましょう。

 

また、薬をつかっての治療になりますと、どうしても治療はレーザー治療といった機械を利用しての治療と比べるますと即効性には劣ってしまいますのでその点もご留意ください。